看護師から転職する場合は、同じく看護系の仕事を選ぶかそれ以外の仕事を選ぶか選択しなければいけません。
その際の志望動機ですが、特に同じ看護系の仕事に転職する場合は、転職の理由が明確でなければいけません。なぜ転職する必要があったのか、今の職場で働き続ければ良かったのではないかという質問に対する明確な答えが必要です。それができなければ、単に嫌で辞めたのではないかと勘繰られる可能性があります。
もし待遇などが不満で転職を決意したとしても、それを面接時に伝えてはいけません。職場の不満を言う人材は、避けられる可能性が非常に高いです。ポジティブな志望動機にし、成長や挑戦といった意思を与える表現がおすすめです。
看護系以外の仕事を望む場合は、新たな挑戦という意思を軸としてアピールしましょう。看護師になるには看護学校に通い資格を取得し、そこから就職活動を始めて内定を勝ち取るという過程をたどります。そこに費やしたお金と時間は膨大で、それにも関わらず他の仕事を目指すということには、チャレンジ精神が必要です。
人生は何を思い、何に感化されるか分かりませんから、やりたいことが変わるのは不思議なことではありません。その気持ちを面接時に伝えれば、全くの異業種でも問題はないでしょう。この場合も、看護の仕事が嫌になった、体を壊したなどのネガティブな発言は控えましょう。看護師からどのような職種を目指すにしても、志望動機はポジティブな方が良いのです。